ここを押さえておこう!レーザー脱毛を受けるコツ

レーザー脱毛の費用対効果を上げるためには

脱毛に効果が高いと言われるレーザー脱毛。どの医療機関や美容系のサロンでも、脱毛した本数ではなく脱毛を行った時間に応じて料金を算出するシステムをとっているため、その費用対効果は様々な影響を受けます。脱毛を行う側の技量や設備によるところも大きいですが、レーザー脱毛を『受ける側』についても心がけと対策次第で大きな費用対効果を得ることができます。少しでも脱毛効率が良い環境を整えて、可能な限り高額と言われるレーザー脱毛にかかる費用を切り詰めてみましょう。

脱毛施術直前にやっておきたいこと

脱毛効率を上げるためには、脱毛しやすい環境を整えるのが最も重要です。施術を受ける側でできることで最も肝要なのは、毛が生えている肌の状態を良く保つことでしょう。柔らかい肌に整えるような保水ケアやマッサージは、レーザー脱毛を行う前に是非やっておきましょう。また、施術の前には、ほんの少しでも良いので脱毛を行う部位の毛を伸ばすようにしておき、さらにピンセットなどで摘んで「毛起こし」をしておくと、施術の効率は大幅にアップします。

施術後のケアも今後の脱毛効率を左右する

レーザー脱毛には負担がかかるため、全ての毛を抜くまで数時間施術を受け続けるということは推奨できません。従って、相応の期間、回数を分けて施術を受け続けなければなりません。そこで重要になるのが、次回に受けるレーザー脱毛のことも考えた施術後の肌ケアです。レーザー脱毛を受けると肌が荒れたり、日焼けになったようにヒリヒリと肌が痛むことがあります。こうした状態を放置しておくと、肌の状態が悪くなって脱毛効率はどんどん落ちていきます。しっかりとしたケアを心がけて、常に肌を良い状態に保つようにしましょう。

レーザー脱毛は、レーザーを脱毛したい部分に当てて照射するだけなので痛みはありません。赤くなったりもしません。