知っておきたい!心臓病が疑われるときに行う検査とは

早期発見のために集団検診を受けよう!

現在、多くの市区町村などで、病気の予防と早期発見のために、年に1回以上の集団検診を受けることができますよね。この検査によって、心臓病の危険因子である高血圧、脂質異常症、糖尿病などを見つけることが可能ですよ。また、この際に自覚症状がない心臓の異常が発見されることがよくありますね。心臓病の予防、そして早期発見・早期治療のために、集団検診は必ず受けるようにしましょう。心臓の病気は生命にかかわることも多いので、健康診断で異常が見つかった場合や、心臓病の症状が出たときには、速やかに専門医による診察を受けたほうがいいですね。

心臓病で受診する場合は循環器内科へ!

心臓病が疑われる場合には、心臓や血管の病気を専門とする循環器内科を受診しましょう。通常、病院では問診に始まり、続いて視診、聴診、触診といった基本的な診察を受けますね。問診では、医師が自覚症状の有無、過去の病歴や血縁者に心臓の病気をわずらった人がいるか、喫煙や食事内容といった生活習慣などについて質問しますよね。これが自覚症状のない場合や、発作が起きていない状態で行う通常診察において、心臓へのリスクの大きさや発作のタイプを推測するための、重要な判断材料となるんですよ。

病気の種類が推測できる!

問診でスムーズに受け答えができるように、あらかじめ、予想される質問についての情報をメモして持っていくとよいでしょう。視診では、頬や唇の色から足のむくみまで、全身の様子から病気の情報を得ることができるんですよね。さらに、心臓の音や呼吸音などを聴く聴診、動脈の拍動やむくみなどを体に触れて触診を行いますね。心臓病の場合は、これらの診察だけでも、かなりの確率で病気の種類が推測できるんですよ。以上の診察で得られた情報をもとに、ある程度病気の予測をつけたうえで、病気を特定するための検査が行われるんですよね。

大動脈瘤は血管の弾力性が低下している部分に発生しやすいのが特徴です。脂肪やコレステロールの蓄積が血管を傷める原因なので、暴飲暴食を避けてストレスを溜めないように常にリラックスすることが大切です。