もしも、脳と共に人体の要となっている心臓に疾患があれば・・・

生まれつき心臓に疾患のある人もいて・・・

心臓疾患とも呼ばれる心臓病には、心筋梗塞や狭心症、心臓弁膜症といったものがあります。心臓は脳と共に人体の要となっている臓器ですから、心臓の病はとても深刻なものです。中には生まれつき心臓に疾患のある人もいて、そういう人は一見、体格も良くとても丈夫そうに見えても、激しい運動ができなかったりと、日常生活の上で様々な制約を受けねばならない日々を送っていることが多いのです。こうした心臓病の治療はとても難しく、完治するのが困難という場合が少なくありません。

狭心症の治療薬でもあるニトログリセリン・・・

心臓病にも慢性のものと急性のものとがあります。生まれつき心臓に疾患を持っているような人は、慢性の心臓病を抱えていることになるわけですが、そうでなくとも、様々な要因から急性の心臓病が発病してしまう、という場合もあります。狭心症などはそうした急性である心臓病の代表的なものですが、この治療薬となっているのがニトログリセリンであることは、案外に知られていないようですね。ニトログリセリンといえばダイナマイトの原料で、もっぱら爆薬として知られているものですから、これが狭心症の治療薬でもある、という意外な事実が知られていないのも無理はないのですが。

身体の他の部位は健康でも心臓に疾患があると・・・

心臓弁膜症のような心臓疾患を抱えていると、運動などはかなりの制約を受けることになります。スポーツ選手の中にもそうした心臓疾患を抱えている人がいて、当初はそれに気付いていなかったものの、体調不良のために検診を受けたところ、心臓疾患のあることが判明してしまって、その後は運動が大きく制約されることになって、スポーツ選手としての人生を諦めなければならなくなってしまった、という人もいます。身体の他の部位はいたって健康であっても、心臓に疾患があるだけで、そういうことになってしまのですから、心臓の疾患というものはやはり深刻なものなのですね。

僧帽弁閉鎖不全症の症状は、疲れやすい、咳が出る、痩せてくる、呼吸困難になる、お腹が膨らんでくるです。